FC2ブログ

名古屋桐箪笥

「経済産業大臣指定・伝統的工芸品・名古屋桐箪笥」の製造元。伝統工芸士が製作した総桐箪笥から現代的なデザインの総桐チェストまで、中部地区最大級の品揃え。想い出深い桐箪笥の再生(洗い)も承っております。

Entries

想い出深い桐箪笥の洗い作業風景!

 
 今日は天気も良いので、箪笥の洗い場でベテラン職人が桐箪笥の洗い作業をしています。承った品は、一棹一棹心を込めて仕上げていますので、時間は掛かりますが、お届けした時に「見違える程、綺麗にして頂き、出雲屋さんにお願いして良かったわ!職人さんに宜しくお伝え下さいね。」と仰って頂くこともあり、お客さまの喜んで頂く姿を見ると、本当に嬉しいものがあります。 

 現在、本当に厳しい状況下ではありますが、桐箪笥造りの灯りを絶やさぬよう、皆さまのお役に立てますよう、今後とも努めて参る所存です。  想い出深い桐箪笥の洗い・修理再生、新品の購入に拘らず、お気軽にお問合せ下さいませ。m(__)m

    CIMG0163.jpg    CIMG0168.jpg   CIMG0173.jpg


今日は晴れです。ご来店をお待ちしております!

 
 今日は好天に恵まれ、出勤時に家族連れやカップルが散歩やジョギング、寡黙に走るランナーを見かけました。
こういう休日のほのぼのとした光景を見るとついコロナ禍であることを忘れさせてくれますね。非常事態宣言も当地では解除されましたが、慣れと油断は怖いですね。 一日も早く終息することを願って止みません。

 さぁ、今日も仕事だ頑張ろう! 閑古鳥退散 !(^^)! 

ショールームを開けて、皆さまのお問合せ・ご来店をお待ちしております。

お母さまから受け継いだ総桐箪笥を、修理再生してお届けして参りました。

 
 先日、お引越しに辺り、総桐箪笥の処分相談があった方から、最終的には、お嬢さまが受け継いで頂くとのことで、ご来店の上、ご相談させて頂き、ご用命頂いた修理再生が仕上がりましたので、桑名市までお届けして参りました。今回は、仕上げの色で変えてとのご要望でしたので、通常とは雰囲気の違った桐箪笥に生まれ変わりました。塗装方法は、桐箪笥の通気性を損なわなず汚れの付きにくい当社独自の塗装方法にて行い、箪笥本体の長年の狂い直しや引出しの調整、キズの修復等、できることは全て行い、取手金具も研磨再生して何とか再利用させて頂きました。

  CIMG9819.jpg      CIMG0094.jpg
        洗い・修理再生 前          ⇒         洗い・修理再生 後
 
 お届け場所は、新築マンションの洋間ですが、意外に和家具は合うものでクロス張りの無機質な空間が癒しのお部屋にもなります。やっぱり日本人だからでしょうか。。。 「全く違ったモダンな感じになったわね。職人さんには、ご配慮頂きありがとうございます。」とお母さま共々仰って頂きました。処分されることなく、お使い頂けましたこと、桐箪笥製作に携わる者としては、お役に立てて嬉しい限りです。 ご縁を頂き、ありがとうございました。感謝!

   CIMG0111.jpg     CIMG0118.jpg  

  ※ お写真は、桐箪笥の普及啓発の為、ご理解を得て掲載させて頂きました。

コロナ禍の中、ご用命頂きました総桐箪笥をお届けさせて頂きました。感謝!

 
 先日、年初にご相談頂き、再来店の上、ご用命頂きました伝統的工芸品指定の総桐 昇箪笥をお届けさせて頂きました。既に結婚はされてみえますが、お母さまから思いの籠ったお嬢さまへのお嫁入り道具としてのご依頼で、お嬢さまの好みに合わせて取手金具や引戸もご相談のうえお選び頂き、シンプルな感じの品に製作させて頂きました。

 納品当日は、「このような大変な時に、ありがとうございました。」と仰って頂きましたが、その言葉は私共のセリフです。良いご縁を頂き、誠にありがとうございました。 感謝!

  CIMG0041.jpg   CIMG0035.jpg

  ※ お写真は、総桐箪笥の普及・啓発の為、ご理解を得て掲載させて頂きました。

好天に恵まれた日曜日!品揃えを充実して、ご来店をお待ちしております。

 
 愛知県では、国の緊急事態宣言が解除されましたが、県独自のものは5月末まで継続のようですね。
今日は、好天に恵まれた日曜日ですが、出勤時の車の量は、変わらず少なく、皆さんそれなりに自重されているようです。このまま終息に向かってくれれば何よりですが、油断大敵と云う処でしょう。

 例年、家具業界は春の需要シーズンを終え、夏に向かっては需要が少なくなるのですが、今年はコロナの影響で春需が見込めず私の知り合いの同業も苦戦を強いられているようです。正に、これからが正念場だと感じております。

 総桐たんすは、家使いとしては、梅雨前の今の時期、大切な着物の保管にと少なからずご相談される方がおられます。湿気で、造り付家具や普通の整理箪笥に収納しておくと、着物がカビてしまうことが多い時期だからです。私共としては、現在、伝統的な夫婦箪笥は勿論のこと、お気軽にお使い頂ける総桐チェストの品揃えを充実させ、梅雨前にお届けできるようにしております。

 ご自分の物のみならず、お母さまやお婆さまから譲り受けた想い出深い大切なお着物の保管に、リビングや寝室における総桐チェストを検討してみては如何でしょうか?勿論、シルクやカシミア、礼服等の保管にも適しております。近年は、結露でお悩みのマンションにお納めすることが増えております。

ご興味がございましたら、想い出深い桐箪笥の洗い・修理再生、新品購入のご検討を問わず、お気軽に、お電話にてお問合せの上、ご来店下さい。(専用駐車場 8台完備) 少しでも皆さまのお役に立てられますよう、社長以下、当社職人一同努めさせて頂きます。

   
  CIMG0140.jpg   CIMG0129.jpg   CIMG0132.jpg