FC2ブログ

名古屋桐箪笥

「経済産業大臣指定・伝統的工芸品・名古屋桐箪笥」の製造元。伝統工芸士が製作した総桐箪笥から現代的なデザインの総桐チェストまで、中部地区最大級の品揃え。想い出深い桐箪笥の再生(洗い)も承っております。

Category [出雲屋日記 ] 記事一覧

メンテナンスに、夫婦箪笥をお預りに伺いました。

  数年前にお嫁入りにて総桐夫婦箪笥をご購入頂いた岐阜県の方から、新築して置く場所が変わったので桐箪笥のメンテナンスのご相談があり、お伺いしてお預りさせて頂きました。 お住まいは、山の中腹にあり自然豊かで風光明媚な風景が広がっていました。 今までの設置場所は、昔ながらの建物で比較的湿気の多い1階の奥の部屋と云うことですが、収納してあった大切なお着物にはカビ等の被害はなかったとのことでした。総桐箪笥...

G・W 

 今年のG・Wは、世間では10連休の為か例年とは人の動きが違っているようでした。飲食店やメガストア、観光地、高速道路は混んでいたようですが、一般小売店はそうでもなかったようです。昨日、車検の事でディーラーの営業マンがわざわざ来社されましたが、店は来店者は少ないのでと言ってました。経済効果は、どこまであったのかちょっと疑問です。。。 当社も事前にお問合せ頂いた方以外のお客様は殆どなく、私は事務仕事や駐車...

反省!

 G・W前に長野県飯田市まで新人と共に、総桐箪笥をお届けして、帰社後、車庫入れを新人に任せて確認をしなかった事です。 初めは覚束なかった運転や車庫入れも入社後一年余り経過するなかで、随分と慣れてきました。お客さま宅への納品設置も大切な業務の一環ですので、マンツーマンで経験させていますが、慣れない為か小さな失敗は幾つかあります。車庫入れも始めは車体をこすったりしてよく注意をしていましたが、今では次第に...

「平成」 最終日を迎えて。。。

 ついに、「平成」の世が、幕を閉じる日がやってきました。 主に桐箪笥を中心に家具業界に身を置く中で感じたことを綴ってみたいと思います。長年、桐箪笥は、家具の王様と言われてきました。戦前・戦後を通じて、家と家との繋がりが強く、結婚の際には嫁入り道具の主役と言われた時代があったからです。時代の変化により、需要も異なって来ましたが、それでも平成の一桁位までは、桐箪笥もそれなりに需要があり、百貨店の特招会...

長野県 飯田市に お嫁入り道具としてお届けして参りました!

 昨年の夏頃、お電話を頂き、飯田市からご来店、お嫁入り道具としてご用命頂きました総桐箪笥をお届けして参りました。 当日は、お天気にも恵まれ、信州では所々で桜もまだ咲いているなかのお届けでした。初め、お問合せを頂いた時には、飯田市からとお聞きし驚きましたが、遠方からわざわざご来店、ご用命頂きましたこと大変ありがたく嬉しく思っております。納品当日は、昨年入社した新人と伺いましたが、奥さまから新人に対し...