名古屋桐箪笥

「経済産業大臣指定・伝統的工芸品・名古屋桐箪笥」の製造元。伝統工芸士が製作した総桐箪笥から現代的なデザインの総桐チェストまで、中部地区最大級の品揃え。想い出深い桐箪笥の再生(洗い)も承っております。

Category [あれこれ ] 記事一覧

スポンサーサイト

[あいちの地場産業] に掲載、紹介されました。

 岡崎信用金庫さまが発行される「あいちの地場産業」と云う愛知県の産業紹介誌に「名古屋桐箪笥」として紹介されました。この本は、愛知県の産業史を網羅した紹介誌で、私どものような伝統産業から自動車などの工業製品までを網羅した230頁に及ぶ紹介誌です。 内容は、その産業の沿革から、製造、製品、現在の動向に至るまで簡潔明瞭に紹介されています。学校の社会科授業の副読本としても十二分に通用する内容のものだと思われ...

「(財)伝統的工芸品産業振興協会 H29年度事業説明会議」に出席して参りました

 経産省の外郭団体で全国の伝統的工芸品を管理・管轄する(財)伝統的工芸品産業振興協会主催の中部地区会議に「伝統的工芸品 名古屋桐箪笥工業協同組合」の理事長として、中部通産局での会議に出席して参りました。 主な内容は、今年度の事業内容説明と各産地の現状報告、並びに質疑応答ですが、伝産品の海外展開の事例、新しく伝産品に指定された業種の紹介、各産地の景況感等、多岐に亘り、報告と意見交換がありましたが、私...

「大変、珍しい総桐の長持ち・・・」 今後の扱いは。。。

  先日、地元の方から電話が入り、長年使ってきた長持ちを処分したいのだが、壊すのは不憫なので、御社で活用して貰えればありがたいとのご相談を受けました。最近、高齢化もあり、このようなご相談がしばしばありますが、全てに対応できる訳ではないので、ご事情をお聞きしながら臨機応変にて対応させて頂いております。お話しを伺うと、処分するにも長年の想い出があり壊すのは忍びないし、いざ処分となると費用が掛かるとの経...

残念な知らせが入りました。。。

  先日、取引先と電話で打合せをしていた時に、新潟県加茂市の老舗の桐箪笥店が廃業との話を聞きました。HP上でも活発な展開をしてみえましたのでまさかと云う感じです。詳細は、未だ不明ですが、加茂市は桐箪笥の最大産地でもあり、こういう話が聞こえてきますと寂しく、また身が引き締まる思いです。明日は我が身と鑑みて、日々努めて参りたいと思います。...

古くからのお取引先が廃業との知らせ・・・ヽ( ´_`)丿 ( ノД`)

  今日、会長の代からお取引のあった冶具を定期的に研磨再生して頂いている会社の方が来訪され11月末日をもって廃業すると挨拶に来られました。主な要因は、不景気・後継者不在・高齢と云うことで、今なら辞められるタイミングとの判断と云うことでした。  伝統産業に携わる業界でも世代交代が進んではいますが、息子さんがみえても跡は継がせないと云う方が結構おみえになります。寂しい限りですが、これも時代の流れでしょう...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。