FC2ブログ

名古屋桐箪笥

「経済産業大臣指定・伝統的工芸品・名古屋桐箪笥」の製造元。伝統工芸士が製作した総桐箪笥から現代的なデザインの総桐チェストまで、中部地区最大級の品揃え。想い出深い桐箪笥の再生(洗い)も承っております。

Entries

想い出深い「漆塗り小袖箪笥」 まるで新品のように復活です!

 
 一年程前に、ご依頼を受けた100年以上経過していると思われる「漆塗り 小袖箪笥」の修理再生が完成しましたので、早速、ご連絡のうえお届けして参りました。

 ビッフォー・アフターは、ご覧の通りです!修理前は、ご覧の通りの傷み具合であり、普通ならば長い間ご苦労さんと云う処でしょうが、こたわりのある依頼主の方は違っていました。私共も当初は、厳しいものがあるなとは思いつつも、相談の中で何とかならないかと云うお気持ちが伝わって参りましたので、基本的な修理内容は、原状回復を主眼に置き、細かな仕事は全てお任せ頂くとのことで承りました。今までにも同様な直しは行って参りましたが、普通ならば、それなりに費用も掛かりますので断念される方が多いと思います。
         
    CIMG8792.jpg   CIMG8789.jpg
                       修理・再生 前

 金具は、当然新しいものはありませんので、一つずつ丁寧に外して研磨補修のうえ再塗装を行い、箪笥本体は分解して組み直し、引出しは桐材ではなく樅が使ってありましたが、傷みもひどく、湿気を防ぐために新たに桐材を使って本体に合わせて作り直しました。塗装は、古い塗装を全て剥がし、下地を整えて黒漆にて再塗装です。特に引出し表面は、分かり易く云えばピアノ塗装のように綺麗に仕上げてあり、表面は反射してしまい人の姿や床が写り込んで上手く写真が撮れません。。。写真では判り難いとは思いますが、本当に見事に綺麗です。修復した品をお持ちすると「私も、こんな感じになれるといいな」といつも話題に上がります・・・

 CIMG0450.jpg  CIMG0456.jpg  CIMG0468.jpg
          修理・再生 後 (床が表面に写り込んでいます)             お寺の本堂に設置

お届けして完成品を見て頂き、その仕上りに大変驚いておられました!
まるで新品ですが、新品よりも年代が感じられるので、それなりの貫禄と云うか醸し出す雰囲気があります。設置場所は、お寺の本堂です。たくさんの方に見て頂ける場所ではありますが、その価値を知らない人に無頓着に触って頂くのが少々不安です。和尚様は、気にしないと言ってみえましたが。。。

何はともあれ、長期間に亘ってお待ち頂き、無事にお納め出来て安堵しております。
ご依頼、ありがとうございました。 感謝!

    ※ お写真は、ご了解を得て掲載させて頂きました。


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。