FC2ブログ

名古屋桐箪笥

「経済産業大臣指定・伝統的工芸品・名古屋桐箪笥」の製造元。伝統工芸士が製作した総桐箪笥から現代的なデザインの総桐チェストまで、中部地区最大級の品揃え。想い出深い桐箪笥の再生(洗い)も承っております。

Entries

長野県 飯田市に お嫁入り道具としてお届けして参りました!

 昨年の夏頃、お電話を頂き、飯田市からご来店、お嫁入り道具としてご用命頂きました総桐箪笥をお届けして参りました。

 当日は、お天気にも恵まれ、信州では所々で桜もまだ咲いているなかのお届けでした。初め、お問合せを頂いた時には、飯田市からとお聞きし驚きましたが、遠方からわざわざご来店、ご用命頂きましたこと大変ありがたく嬉しく思っております。

納品当日は、昨年入社した新人と伺いましたが、奥さまから新人に対してお気遣いの言葉も掛けて頂きました。これからも、伝統産業を取り囲む環境は、益々厳しくなって行くものと想像されますが、少しでも皆さまのお役に立てますよう励んで参るつもりです。 感謝、申し上げます! ありがとうございました。  

        CIMG8586.jpg   CIMG8587.jpg

        ※ お写真は、桐箪笥の普及啓発にご協力頂き、ご理解を得て掲載させて頂きました。

「H31伝統的工芸品産業振興協会 事業説明会」に出席。

 例年開催される「伝統的工芸品産業振興協会」が主催する「H31事業説明会&意見交換会」が中部通産局にて開催されましたので出席して参りました。

 主に中部地区の伝産品産地の担当者が集まった今年度の伝産協会の事業計画と伝産各産地の意見交換会ですが、例年に比べると参加者が少なくなっているように感じました。
先ずは、例年通りの現状報告があり、新たな取組みとしては、2020のオリンピックに向けての伝産品のオフィシャル記念品としての取り組み方の説明がありました。土産物産品としては、日本の伝統工芸品を活かす一助になる機会ではあると思います。唯、家具、仏壇、石工品等の大型伝産品や、その他の該当し難い品は難しい処もあるのではと感じました。

 年々、伝統的工芸品市況は、産地・品物の特性により温度差はあるものの、その多くは、職人の高齢化、原材料の枯渇化、ニーズの変化による市場の縮小化等、様々な問題の中で、如何に活路を見出して行くのかが最大の課題となっています。 最後は、市況を見据えた自助努力になろうかと再認識した次第です。

あま市に 総桐 夫婦箪笥を「洗い・修理再生」してお届けです。

 お嫁入り道具として、30年程前の総桐夫婦箪笥の洗い・修理再生をご用命頂きました品が、仕上りましたのでご新居にお届けして参りました。 その品は、既に辞められた同業の職人さんが製作された本格的な総桐箪笥でしたので、懐かしくも感じました。この度、新築に伴う転居のタイミングでご用命頂いた品です。

 ご相談のうえ、引戸の蒔絵、取手金具は、まだまだ十分使える良い品でしたので再利用させて頂きました。箪笥本体は、長年お使い頂いたので、やはり全体的に小傷や汚れ、狂い等もありフルメンテナンスを行い仕上げさせて頂きました。仕上がりは、ご覧の通りで「まるで新品のよう!」と大変お喜び頂きました。新たに、製作した専用の油単を掛けて納品設置させて頂きました。

 また、この度はご新築と云うことでカリモクSRをご紹介させて頂き、新たに書棚とサイドボードをご用命頂き、桐箪笥と共にお届けさせて頂きました。 想い出深い桐箪笥が新品同様になったと、お役に立てて嬉しい限りです。

 CIMG8316.jpg  CIMG8575.jpg  CIMG8579.jpg
     洗い・修理再生 前      ⇒           洗い・修理再生 後

    ※ お写真は、桐箪笥の普及啓発の為、ご理解を得て掲載させて頂きました。 

 

[G・W 及び 5月度 ショールーム 営業日のお知らせ]

 当社HPをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 5月は「平成」から「令和」に元号が変わり、新たな時代の幕開けになりますね。
世間では、この期間10連休と云われておりますが、観光地は恐らく何処も込み合っているかと推察されます。
商いをしておりますと週末や祝日には、必然的にお客様の対応が多くなります。
桐箪笥は高額品でもあり、ご家族でご来店頂く方も多く、なかなか皆が揃う機会が少ないと仰られる方もおみえになります。

 そこで、少しでも多くの方に総桐箪笥の良さを知って頂く為に、私が出勤し下記の日程にて、G・W中もショールームを空けることに致しました。私一人での対応になりますが、ご予約のうえ、この機会に、是非、ご来店のうえご検討頂ければと存じます。
職人は、GW中は協力して貰い交代勤務ですので、ご希望があれば、工房をご案内して間違いのない本物の手造りの総桐箪笥を安心して選んで頂けます!想い出深い古い桐箪笥の洗い・修理再生のご相談も承ります。

  <G・W 及び 5月度 営業日&休業日のお知らせ>
  
 ・営業日    下記の休業日を除く日(G・Wも営業致します)
 ・営業時間   A:M 9時~P:M 6時 
 ・休業日    毎週水曜日・第1第3火曜日 5/2(木) 5/23(木)
 ※ お願い   当社ショールームは、じっくりご説明・ご検討頂く為に、ご予約制にさせて頂いております。
           突然のご来店は、納品・打合せ等にて不在の場合もあり、閉店している場合もございます。
           ご来店の節は、お電話、メール等にてお問合せ、ご予約を頂きますようお願い致します。
           ☎0568-31-8627(留守番電話の場合は、録音頂ければ折り返しご連絡させて頂きます)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。
この機会に、皆さまのご来店を心より、お待ち致しております。

追伸  
地元、中日新聞 近郊版 5/21版にも、「GW 品数を揃えて 展示予約会開催」として告知させて頂きました。

  CIMG1356.jpg CIMG1342.jpg CIMG0268.jpg

本物であることを証明する伝統的工芸品   当社ショールーム内 風景    数少ない工房として新聞にて紹介

北海道からご依頼頂いた想い出深い桐箪笥を、修理再生してお届けして参りました。

 昨年、札幌市在住の方からご相談を受け、ご依頼頂きました修理再生した桐箪笥を愛知県の高齢者施設にお届けして参りました。
 お嫁入りの時に親が持たせてくれた想い出深い桐箪笥なので、何とか綺麗にして新たな住まいである施設に持って行きたいとのご希望で娘さんからのご相談があり、写真や電話で数回やり取りをさせて頂き、札幌市から契約した運送業者に引取りを依頼して、当社に運んでもらいお受けさせて頂いた品です。全体的にカビや傷みが多いので、箪笥本体の狂い直しや引き出しの調整も行うフルメンテナンスを行ってのご依頼です。

    CIMG3355.jpg    CIMG8534.jpg
      洗い・修理再生 前   ⇒   洗い・修理再生 後   

 納品当日は、快晴にも恵まれ、無事にお納めさせて頂くことができ、初めてお会いするお母さまにも仕上りを見て大変喜んで頂けました。「私もこうなれたらいいね!」との言葉に、ご家族様も笑みを浮かべていらっしゃいました。ちょっと大変な案件でしたが、大変喜んで頂き、私共としてもお役に立てて嬉しい限りです。
 また一棹、想い出深い桐箪笥が蘇り、何よりも励みになり、これからもお元気で暮して頂けることが何よりですね!

           CIMG8562.jpg

   ※ お写真は、桐箪笥の普及啓発にご協力頂き、ご了解を得て掲載させて頂きました。

Menu